raddiey.net

Daisuke Iwamura Website



リアルテイスト

2020年2月11日

リアルなブロッコリー柄を描く

今回はリアルテイストでブロッコリーを描いてみようと挑戦してみました。かなり前に1度大きな房のものを描いたことはあったけれど、今回は茹でブロッコリーのようなサラダに入っていそうな小さくカットされたものを描きました。


いつもの通りグレーの鉛筆ブラシで輪郭線を描いてから、レイヤーを分けて色を大まかに塗っていきます。そこから暗いところ、明るいところ、ハイライト、反射していることろ、色の違ったところなんかをブラシを変えながら描き込んでいきます。


ブロッコリーの頭の部分の粒々も一つ一つ描き込んで本物らしさを出していきます。質感リアルに美味しそうな茹でブロッコリーが出来上がりました。あとはiPadからMacにデータを送ってパターンにしたら完成です。


今日なんとなくインスタの自分の過去の投稿をずっと昔から辿って見返していました。いいね!がちょっとしかついていない時、テイストを揃えていた時、ちょっと人気が出た時、停滞期、また最近になってちょっとずついいね!も増えてきて。 でもなんとも最近はその日の気分が表れたようなあっち行ったりこっち行ったり。でも描きたいものを描きたいように描くのもいいのだけどね。まず楽しんで描けるかってことがあってから。自分の得意はやっぱりリアルってことなのかな、と思ったり考えたりしていました。


今日は夜にこの絵を描いたのでちょっと遅くなっちゃったけど、明日インスタに上げようと思っているよ。


raddiey プロフィール

北海道在住のデジタルクリエイターです。1980年11月17日苫小牧生まれ。広島市立大学でデッサンを学び、東京でデザインの仕事を覚え、帰郷後はデザイナーとして勤務、その後、デジタルのイラストレーションを描く活動をしています。


近頃の投稿
instagramがフォロワー3000人に...
ドットとラフに描いた花を組み合わせ...
おつまみの定番、枝豆のパターン
懐かしアイテムの上履きを描いたよ
寒かったので雪だるま描いたよ
raddieyのテキスタイル

raddieyデザインの生地も発売中です。どこか懐かしい個性的な生地がそろっています。

raddieyの画材についてはこちら

現在はほぼ全ての作品をデジタルで描いています。使っているのはiPadとMacです。リアルイラストレーションに向いた自分にとっても合った画材です。


raddieyのモチーフセレクト

身近にある誰でも見たことある、食べたことある、遊んだことあるモチーフを選んでいます。詳しくはこちら。写真もあるよ。